10
お盆恒例の家族旅行に行ってきました。
毎年お決まりのホテルとランチ。旅行は甥っ子達と一緒なのですが、子供も泊まれるホテルも限られるようで、その限られたホテルで気に入るホテルは貴重なのでリピートしています。ランチはホテルに行く途中にあるウェスティンホテル淡路。今回は鉄板焼きランチでファンダイニングコッコラーレに行ってきました。ちなみに以前、ブッフェにも行ったのですが、淡路島産の食材を使った料理がとっても美味しかったので、個人的に気に入ってます。そんなワケで、ランチとホテルを一気に紹介するので写真はかなり多めなので、サラっといきます。

お肉がドーン
16
お肉を追加したそう。切り株みたいなお肉の塊。ガーリックチップを作って、お肉を焼いて…見てても気持ちいい手さばき。仕上がっていく工程を一部始終見ているので、美味しさもひとしお。
13
キレイに切り分けて…
15
こちらはもう一つのお肉
14
 一口サイズに切り分けてもらいます。
12
写真ブレブレすみません。本当は写真撮る雰囲気じゃなく、お肉だけ撮ったついでだったので、ブレました。

肝心のお肉ですが、脂っぽくなく、とっても柔らかくって、口の中に幸せが広がるぐらい美味しかったー。スタッフの方は刻みわさびとぽん酢で食べるのがオススメって言ってたかな。アタシはわさびが苦手なのですが、お肉の時だけは話は別です。わさびの風味で、お肉がさっぱり食べられて好き。でも一番好きだったのはシンプルに塩。お肉の甘さが引き立って良かった。料理の美味しさにつられて、しっかりワイン3杯飲んでしまい、ホロ酔いです。

ランチの後は別邸蒼空へ
1
ホテルニューアワジ内に2012年に誕生した別邸蒼空。詳細はHPをどうぞ。客室露天風呂付き(ここ重要)なのですが、とろとろとした湯ざわりが自慢の潮崎温泉が最高なのです。泉質が美人の湯と言われているナトリウム炭酸水素塩泉(アルカリ性温泉)なんだそう。肌にとろーんと滑る感じがとっても気持ちいいんです! 

去年は天空に宿泊したのですが、専用ラウンジが近い蒼空が好きです。ちなみにラウンジはこんな感じ。

コーヒー、紅茶、ジュースやプリン等のデザートなどがあります。夜にはお酒も。ワインが飲みやすくて美味しいのでオススメ。ウイスキーはバランタイン12年。ハイボールにして飲んでました。

鳴門海峡と瀬戸内海を見渡せるテラス
2
温泉に入って寝そべってお酒飲んで、だーらだら。ボケーっと出来る贅沢。
 
ベッドルーム
3
今回は使用しなかったのですが、アロマディフューザーが置いてあります。

2人だと持て余す空間 
5
いつも持て余す空間ですが、ゴロゴロできるスペースです。2人以上だと布団を敷くようです。

大きいテーブル
4
大きいのが嬉しい。ここでゴロゴロしていました。部屋食も出来るようです。
 
料理は淡路島産の食材を使った物ばかり
6
 毎年メイン物は変更ないのですが、それ以外はマイナーチェンジしているような印象です。
7
 お刺身。写真抜け多いです。最近ハイボールばっかり飲んでいるのですが、ここは竹鶴でした。
8
活き伊勢海老。
9
目の前でお刺身に。胴体を切り離されても頭は動いてます。怖い。
17
太刀魚の大皿蒸し。薄すぎず濃すぎず、塩気のバランスが良かった。
11
家族でワイワイ食事をしていると日が落ちて行きました。とってもキレイ。

毎年みんなで楽しい旅行が出来て、いつも計画をしてくれている、お義父さんお義母さんに感謝です。御飯を食べ終え、ひとっ風呂浴びた後はみんなでババ抜き・UNO大会。とっても楽しい旅行でした。お盆が終わったら待っている現実。バッタバタしてます。世の中の主婦のみなさん、頑張ってくださいー!

 

001
02 03 04 07 06 7